明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

【アニメ感想】進撃の巨人 Season3 第52話 光臨

今週は、マルコの死にまつわる回想からスタート。

 

マルコの死は、進撃の巨人という物語の序盤戦でかなりインパクトのある出来事だったし、ジャンの覚醒にもつながったわけで、今まで描かれた分でも十分に重要な意味があったと思う。しかしそれだけじゃなくて、さらにライナー、ベルトルト、アニもかかわっていて、さらにライナーの人格が分裂してしまうきっかけでもあったという…。初めからどこまで考えられていたのかわからないけど、つくづくよくできていると思う。このあたりの伏線や種明かしがすごく完成度が高いから、他のところで少々グダっても全然許せてしまう、それくらい自分としてもこのあたりの一連のエピソードは気に入っている。

 

特に、アニがマルコの立体起動装置をカチャカチャやって外すときの表情とか、彼女が本当は優しい性格なんだっていうのを物語っているよね。できることなら仲間を犠牲にしたくはなかった、みたいな。これがきっかけで、完全に心を見せない氷の女モードに入っちゃったのかな。

 

そして後半。3人の戦士がコーヒーらしきものを飲みながら会話するシーン。ジークの声はすごく渋いのに、しゃべり方が軽いからなんとも言えない年齢不詳感ある。アニがどこかでキックの練習してる発言はちょっと笑った。この3人の中でも、アニってそういうキャラなんだな。なんか黙々と殺人ローキックの練習してるところが想像できる。

 

壁の上でキャッキャウフフ風に走る男二人、唐突に差し込まれるラブコメ展開に頬を染めるベルトルト。ライナーって、クリスタ関係でやたら恋愛がらみの発言がネタ的に注目されたけど、他人の色恋沙汰にもグイグイ入っていくタイプなんだな。根っからの恋愛脳と言える。訓練兵時代にも、誰が好きとかそういう話を振ってうざがられていたに違いない。

 

ここまでで回想が終わり、ついに樽トルトが戦線に放り込まれる。巨人化するだけで周囲一帯を破壊できるとは恐ろしい。そんな恐ろしいことだったら、それこそ以前のシガンシナやトロスト区で出現した時には、どこで変身したんだろう。遠くで変身してからこそこそ歩いてきたとするとシュールだ。

 

ベルトルトとアルミンの会話は、なかなか緊張感があって良かったけど、覚悟完了しているベルトルトには効かなかった模様。仲間で、誰も悪くなくて、それでもどうしても全員が死ななければいけないって言われたら、いったいどんな状況なんだ?と思うよなあ。アルミンの危機にすかさず切りかかるミカサはさすがにカッコいいが、それをしのぐトルトもなかなかのもの。

 

最後、とうとう超大型巨人が登場し、あたりを蹂躙する。104期の面々はどう対処するのか?リヴァイと団長、そして獣はどう動くのか、というところで次回に続く。毎回クライマックスで密度が濃すぎ、見終わると続きが気になると同時に結構疲れる。来週はもっとすごいことになりそうだ。