明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

【マンガ感想】彼方のアストラ/篠原健太

 

彼方のアストラ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

彼方のアストラ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

ずっと読みたいと思いながら読めていなかった「彼方のアストラ」を読んだ。噂にたがわぬ、いやそれ以上の傑作だった。リアルタイムで連載を追いかけていれば良かった、と心から思った。傑作なんて言葉では言い表せない。冒険と友情と恋と、挫折と成長、未知へのあこがれや畏れ、裏切りと秘密、謎と謎解き、明かされる意外な真実…物語を面白くしてくれる要素すべてがわずか5巻の中に凝縮された、とんでもない化け物作品だ。

 

舞台は近未来、2063年。ケアード高校の生徒8名+一人の妹の総勢9名は、宇宙港に集められる。5日間の宇宙キャンプに出発するためである。ほとんどが初対面同士のメンバーが、高校生だけで協力し合い、異星での生活を体験するという恒例行事だ。とはいえ、異星とはいっても国立公園に指定されている安全な場所で、なんの危険もないはずだった。

 

ところが、現地に到着し、引率の先生が星を離れたときに状況は一変。突然出現した謎の球体に飲み込まれた一同は気が付いたら宇宙空間に放り出されていた。パニックになりながらも近くにあった無人の宇宙船に逃げ込み、難を逃れたと思ったのも束の間、さらなる驚愕が待っていた。彼らが飛ばされたのは、故郷から数時間のキャンプ場上空ではなく、数千光年も離れた遥かな宙だったのだ。

 

残されたすべは、宇宙船で帰還するしかない…が、帰還に要する旅路は超高速航行をもってしても数か月、手持ちの水と食料はせいせい3日分、宇宙船に満載することができても20日分が限度。絶望する中、メンバーの一人が、途中で水と食料を補給可能な惑星に立ち寄りながら、自給自足で旅をすることを提案する。惑星データから導かれたたった一つのルートに従って、9人の、未知の惑星5つを冒険しながらの旅が始まった。

 

と、いう感じの話だ。基本的にはド直球のSF冒険もので、9人のメンバーが、惑星に立ち寄っては食料を補給するために探検し、そこで様々な危険や未知の生物や現象に遭遇し、時には命の危険に陥りながらも協力し合って難を逃れていく。

 

しかし、そこに、彼らがこの旅をする原因となった謎の球体はなんだったのか、これは事故だったのか、それとも何者かによって仕掛けられたものだったのか、という謎が加わってくる。メンバーの中に裏切り者がいることも示唆され、楽しい冒険の中にも緊迫感が走る。

 

いや、話は逆なのかもしれない。突然のアクシデントにより故郷から遥かかなたに放り出されての強いられた冒険にもかかわらず、一同の冒険は本当に楽しそうなのだ。彼らも、事故についての疑問や裏切り者への疑いは持っているのだが、それでも笑顔で困難に立ち向かってそれを乗り越えていく姿ばかりが印象に残る。それは、篠原さんの作風によるところもあるだろうし、何よりも主人公のカナタのキャラクターによるところが大きいと思う。

 

カナタは、宇宙の探検家を目指す少年だ。抜群の運動能力を持ち、その腕で何度も仲間の危機を救う。でも性格的には底抜けに前向きで、でもおっちょこちょいで、みんなから突っ込みを受けまくっている。でも、そんなカナタの回りに自然と人が集まり、彼をリーダーとして認めていく。ただ明るいだけのキャラクターだけじゃなくて、過去や家庭環境に影を持っているのだが、そのことがかえって彼に深みを与えている。そんな、王道の主人公だ。

 

仲間たち一人一人も個性的で、有能で序盤から能力を発揮し活躍するものもいれば、ある目的のために仲間と距離を置く者もいるし、自分の殻に閉じこもってしまうものもいるのだけど、たぶん嫌いなキャラがいる人はほとんどいないだろう。それほど、みんなが魅力的で、そんな9人の冒険に自然とのめりこんでいってしまう。

 

ここまでは作品のメイン部分であるSF冒険ものとしての魅力やキャラクターについて書いてきたけれど、この作品のもう一つの側面にも触れておきたい。それは、ものすごく作りこまれた良質の謎解きものであるということだ。

 

上にも触れたが、彼らが旅をするきっかけとなった謎の球体の件や、仲間の中にいる裏切り者のこと、そしてそもそも彼らがはるかな宇宙に飛ばされた理由など、数多くの謎があり、それらについて序盤から用意周到に伏線が張り巡らされている。そして終盤での怒涛のような種あかし連発に驚きと興奮が止まらなかった。何気ない会話、ちょっとした違和感、それが一気に蘇ってきて、年間ベスト級の良くできたミステリーを読んだ時に匹敵する感覚が味わえた。

 

この手の作品でありがちな、「偶然集まったメンバーにそんな各分野をカバーする有能が揃うわけないだろ」みたいなお約束にすらちゃんと理由がある。なんなら、彼らの過去を振り返らない前向きさすら、物語上のご都合ではなく、必然的な原因があったことには驚きを通り越して感動してしまう。一人の人間に、ここまで細部まで考え抜いて世界と物語とキャラクターを作りこむことができることが、すごいとしか言いようがない。

 

いろいろ書いてきたけど、とにかく言いたいことはめちゃくちゃ面白かったってこと。SF好き、ミステリ好き、冒険もの好き、とにかく物語が好きなあらゆる人にとって、どこか楽しめる要素がある作品だと思う。それらが全部好きな自分のような人間には、一種の理想が現実化したような5巻、49話だった。

 

どうやらアニメ化が決定しているらしく、このボリューム感ならかなり原作に忠実に作れるのではないかと思われる。これからもまだ楽しみは続きそうだ。