明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

【読書感想】レジまでの推理 本屋さんの名探偵/似鳥鶏

似鳥鶏さんの、書店を舞台にしたミステリー短編集、「レジまでの推理」を読んだ。

 

レジまでの推理: 本屋さんの名探偵 (光文社文庫)

レジまでの推理: 本屋さんの名探偵 (光文社文庫)

 

舞台は 西船橋にあるとある書店。学生アルバイトながら他のバイトへの指示出しやら店舗管理全般をまかされている青井君が語り手だ。では雇い手たる店長は何をしているかというと、バックヤードでひたすらポップを書いたりしている。一見怠けているようだけど、店長のポップをつけると魔法のように本が売れるというのだから、文句を言うわけにもいかない。そして、この書店には時折不思議な事件が起こる。そんな時、青井君はじめバイトメンバーでああでもないこうでもないと考えるけれど、結局謎を解いて事件を解決するのは店長なのだ…。

 

と、そんな感じの設定で描かれる、お仕事もの要素の強いミステリー。私自身、大学生の時には小さな個人経営の書店でアルバイトをしていたので、書店のお仕事風景も含めてなかなか楽しめた。

 

「7冊で海を越えられる」は、海外での仕事が決まったとあるお客様からの相談で、海外いきのことを伝えたら喧嘩になってしまった彼女から、突然7冊の本が送られてきた。内容的にも小説あり絵本あり社会学ものあり、全く脈絡がない7冊に、どんな意味が込められているのか?という話。

 

「全てはエアコンのために」では、引っ越しを手伝ってもらった友人が、部屋から作家のサインが入った本を盗んでいったらしい、一体どうやって、そしてなんのために?という相談が持ち込まれる。

 

この2編の特徴は、本が題材になっていつつ、本の内容ではなく、物理的なモノとしての本が謎解きのカギになっている点だ。普通書店が舞台のミステリといえば、鎌倉が舞台の某シリーズをはじめ、作品についてのうんちくがたっぷりと出てくるものだと思っていたが、この切り口には驚かされた。面白いかはともかく、意外性はばっちりだ。

 

と思うと、「通常業務探偵団」では、サイン会を実施したのをきっかけに、ある作家のストーカーを探すことになる。物理的モノとしての本という題材はネタ切れかたまたまか姿を消し、わりと普通のミステリの方向に舵がきられている。

 

そして最後の「本屋さんよ永遠に」では、斜陽産業である出版業界の、そのさらに一番厳しいところにいる、書店の経営という問題に切り込んでいく。物語のトーンも、3作目までのどこかおきらくムードとは一転して暗鬱な雰囲気が垂れ込めている。最後は社会派で締めかな、と気を緩めていると、渾身の仕掛けがあったりするので、油断できない。

 

最初の2編が軽めのジャブ、そして3作目で少々大ぶりのフックを振り回し、最後は狙いすましたストレートであご先を射抜く。良く考えられた構成だったと思う。個々の作品は軽量級だが、1冊通して読んでみると、なかなかの良作といってもいいんじゃないだろうか。

 

というわけで、面白かった!