明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

【マンガ感想】進撃の巨人 第115話 「支え」

終盤の衝撃展開については後で書くとして、まずは序盤から中盤にかけてのジーク関係について。

 

ここでわかったのは、ジークとエレンは、心の底から互いの思想に共鳴し、同じ目的のために戦ってきたということ。まあ、エレンの内心はまだ描かれていないのでどんでん返しの可能性もあるが、ジークのほうは間違いなく、グリシャという人間の思想に付き合わされ、運命を狂わされた兄弟であるエレンにシンパシーを感じていた。ともに手を携えてエルディア人の自然消滅を実現しようとしていたということだ。メガネと並んで大切なものであろうボールをエレンに渡そうとしていたことからもそれは明らかかと思う。いままで疑って悪かったなあ。

 

エレンにしても、ヒストリアに触れたときに蘇った、レイス家殺しの記憶がグリシャへの不信感と巨人滅ぶべしとの思いを強めたという説明には説得力があった。

 

そうなると、本当にこの話の向かうところは悲劇でしかないという気がするのだけど…。仮に二人の目的が達成されたとすると、エルディア人たちは徐々にその数を減らしていくことになるが。でも、諌山さんが最終回の1場面だといっていたカットは、エレンが子を抱いている場面だったよね。これは何を意味するのか…。計画が失敗することを示唆しているのか、それとも。

 

なんとなく、今回のことでただ一つだけ光明と思われたのは、エレンがミカサに過剰に冷たい態度をとったのは、自分をはじめとするエルディア人から距離を置かせようと思ったからって可能性が出てきたことかな。何しろ、自分と一緒にいたところで、未来はないのだから…。アッカーマンは、始祖の影響を受けないゆえに、計画が成った後でもおそらくは子を宿すことができるんだから。

 

そして、リヴァイである。いやあ、これは、世界から悲鳴が聞こえてくるようだ。まさかここで?という衝撃。

 

ただ、実際のところ、ハンジの行動を見るに、きっとまだ本当に終わってはいないんだろうね。フロックの発言もそれを示唆していたし。きっと、超絶反射能力で、背後に大ジャンプして衝撃を最小限にとどめたとかいうやつだ。逆に、四肢欠損的な描写がなかったことにほっとした。もしかしたら五体満足で戦線に復帰する可能性すらあると思っている。

 

それにしても、あのジークの状態はどういうことなのか? 知らない少女が…って、まさか最初の巨人であるユミル的なアレなのかな。でも、それがなぜ突然やってきてジークを…。あれじゃあまるで、神そのもののようじゃないか。もはやエレンとジークを止めることはできないのか。というところでピーク登場。彼女がエレンと差しで戦えるとも思えないが、人間体同士ならば武器がある分有利だということなのかな。来月の展開が読めなさ過ぎて、先月以上に気になる思わり方だった。