明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第14話「紅蓮の騎士」

新章突入&新OP&ED初お目見えの第14話。

 

まずは武具庫へ押し入って、黒い剣と青薔薇の剣をゲットするところから。剣が意外とあっさり見つかったのが面白かった。まあ、手に入れたばかりの神器だから、手前のほうにしまってあったんだろう。そして新衣装に着替え。原作だと、修剣士の服がボロボロになったから着替えたみたいな感じだったけど、アニメだと新品同様のままだったから、必然性のない謎着替えになった気が。まあ、こまけえことはいいんだよ。

 

そして新OP「REGISTER」! 冒頭は前OPにもあった、キリトとユージオがユニゾンするシーンからはじまり。静かなユージオ&アリスの回想を経て、キリトが立ち上がってからのデュソルバート→ファナティオ→アリスのボスラッシュ。デュソルバートの矢をスライディングしてよけるのカッコいい。本編ではそんなシーンなかったけど。

 

そこかしこに前のOPを意識したシーンがある中で、印象的だったのはカーディナルのどこかさみしそうな表情と、最後のキリト・ユージオのハイタッチ。指を上にあげるくだりまでは前と同じだったけど、最後はそれぞれ体を反転させてのハイタッチですれ違うかのように逆方向に歩き出すという…。なんとも意味深な演出だ。

 

本編始まってデュソルバート戦。始まる前の、キリト(ニヤッ)ユージオ(はあ…)みいな流れ好き。そして、キリトが氷で作った盾とスピニングシールドで紅蓮の炎を防ぎきると同時に斬りかかるユージオ。エルドリエ戦ですっかり確立されたコンビ戦闘だ。ていうか、スピニングシールドって、超高速ペン回しみたいなイメージだったけど、手をかざすだけで勝手に回ってくれるんだね。一気に切りかかったユージオは、アリスへの思いを再確認することで敵の弓をはじき、弱ったところに二連撃を叩き込んで勝利。意外とあっさりだったが、内容は濃いバトルだった。

 

このあとデュソルバートに真実をかたるシーンが続く。整合騎士たちはそれぞれ失われた記憶があるんだけど、この人のが一番切なくて好き。顔も名前も忘れてしまったけど夢に見る面影、というのがなんとも。そしてこの面影の主はおそらくもうこの世にはいないっていうね。デュソルバートさんかわいそう…。

 

そしてEDは「forget_me_not」。前のアイリスに続いて、ユージオの曲って感じだ。最後、子どもの頃の3人に戻って歩いていくのが微笑ましくも、なんか不穏なものを感じさせる感じだった。

 

過去の感想

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第1話 「アンダーワールド」 - 明日の君に会いに行く 

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第2話 「悪魔の樹」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第3話 「果ての山脈」 - 明日の君に会いに行く 

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第4話 「旅立ち」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第5話 「オーシャンタートル」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第6話 「アリシゼーション計画」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第7話 「剣の学び舎」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第8話 「剣士の矜持」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第9話 「貴族の責務」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第10話「禁忌目録」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第11話「セントラル・カセドラル」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第12話「図書室の賢者」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第13話「支配者と調停者」 - 明日の君に会いに行く 

関連記事

ashitanokimi.hatenablog.com

ashitanokimi.hatenablog.com