明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

【アニメ感想】ブギーポップは笑わない 第3話

「ブギーポップは笑わない」編の完結回。思ったとことを素直に書いてしまうと、うーん?という感じだった。

 

一つは、単純に、あまりにも駆け足にまとめてしまったように思えたこと。田中君が直子の行方を気にして新刻さんに相談し、そこに早乙女が絡んでいくところからはじまり、凪とエコーズが出てきて早乙女が本性を現してマンティコアが降ってきて…で、最後のブギーポップによる締めまでが急展開すぎるような気がした。

 

しかし、思えば原作の展開を損なっているわけでもなく、もともとがこういう話なのだからしかたがないのか。1話が武田とブギーポップの、2話が凪と末間、マンティコアと早乙女の関係性を割とゆったり描く展開だったから、それとのギャップでそう感じたのかもしれない。

 

見どころはいくつかあったと思うけど、まずは後半のマンティコアvsエコーズ、マンティコアvsブギーポップのバトルシーン。前者に関してはスピード感を出す演出なのだと思うが、引いたカメラでシュンシュン動いてて、なんか棒人間がダンスしているみたいで正直間が抜けていたように感じた。後者については、ブギーポップの強キャラ感が半端なかった。ワイヤー技がかっこよかった。マンティコアの顔芸がすごかった。

 

クライマックスの田中君が矢を打つシーン…の前に、一見逃亡したと見せて弓矢を取りに行ったシーン。逃げたと思わせるための演出なんだろうけど、いかにもなスタコラサッサ感だったので笑ってしまった。矢の一撃でマンティコアを仕留めたのは良かった。でも、やはり打つのが早かった。音楽がかかって、もうひと盛り上がりくるぞ!という一歩手前でもう打ってた。

 

早乙女が凪の首をかっきる場面もそうだったけど、全般的に、予想したタイミングのちょっと前にシーンが展開したことが多かった。この作品の独特のテンポ感を出すために、あえてちょっとずらした演出をしてるのかな、とも思うし、別に関係ないのかもしえないけど、自分はまだちょっとこのアニメのタイミングにアジャストできてないのだろう。だから、ちょっと早すぎるというような感想になるのかも。

 

色々あったけど、3話で一番良かったのは新刻さんかな。大ピンチの場面でも、圧倒的な敵を前にして震えながらタンカを切る胆力。風紀委員の矜持を感じさせてくれた。原作でブギーポップが言っていた通り、この世の中をちょっとでもましなものにしているのは彼女のような人なんだろう。

 

過去の感想

【アニメ感想】ブギーポップは笑わない 第1話 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ブギーポップは笑わない 第2話 - 明日の君に会いに行く