明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

ソードアート・オンエアー アリシゼーションを聞くべき3つの理由

最近は、アニメ作品と連動して声優さんがMCを務めるWebラジオが始まることが多い。SAOアリシゼーションも例外ではなく、その名もソードアート・オンエアー アリシゼーションという番組が週1回更新されている。MCはキリト役の松岡禎丞さんとユージオ役の島﨑信長さん。更新日は毎週水曜日で、Youtubeなどで聞くことができる。

 

これが最高に面白くて、正直本編に匹敵するくらいの楽しみになっている。今回は、その魅力について語ってみたい。

 

理由1:MC2人が仲良しすぎて楽しい

声優ファンには常識なのかもしれないけど、松岡さんと島崎さんはほぼ同期のような関係で、プライベートでも親友なのだそうだ。アリシゼーション編のアニメの話などまだかけらもないころから、松岡さんは島崎さんに、ユージオをやってくれたら嬉しいと語っていたらしく、その夢が実現したという2人の喜び感がほとばしっているラジオなのだ。

 

さらに、2人のプライベートな話題、飲みに行ったこととか、飲みに行ったこととか、飲みに行ったこととか…。飲みに行った話ばっかりなんだけど、とにかくそういう話がポンポン出てくるのが楽しい。もちろんそれだけじゃなくて、演技論を語り合ったとか、先輩声優さんとのエピソードもあったりする。

 

いままでSAO関係のイベントの映像や音源を見たり聞いてきた印象として、松岡さんは、わりとシャイな感じがあった。なにぶんSAOの主要キャストはキリトと女性陣という形になってしまうので、余計に男一人でぐいぐいいけない感じはあったのだと思う。そこへもってきて、このアリシゼーション編では同年代の男性かつ親友の島崎さんをパートナーに得て、別人のようにのびのびとしている。そんな姿が見られるのもソードアート・オンエアーの魅力だ。

 

理由2:作品に関する熱量がすごい

もちろんラジオ番組の中ではSAOに関する話題が多いが、その熱量がすごい。今まで聞いてきたアニメ番組関係のWebラジオでは、もちろん作品について語ってはいるんだけど、演技をするにあたっての心構え、演じてみての感想的な、声優としての一歩引いた立場からのコメントだったりすることも多い。特に1クール作品だと、声優さん自身そこまでキャラクターに入り込む前に終わってしまうみたいなところもあるだろうし、どうしてもそうなってしまんだろう。

 

しかし、松岡さんはもう足掛け6年以上もキリトを演じ続けていて、その分思い入れも強い。相棒の島崎さんも、原作からアニメからSAOをガッツリ取り込んでいて、もうずっと前からかかわってきたかのような深度で関わっているオーラがある。あの場面ではキリトはどんな風に考えていたか、ユージオはあの時どんな気持ちで叫んだのか、そんなキャラクターそのもののような言葉が聞けるのがファンにはたまらない。最新の第7回では、巷で「イキリト」という言葉でキリトが揶揄される状況について、冗談混じりながらも真剣に反論していたのが心に残っている。

 

さらに、それぞれが演じているキャラクターだけではなく他のキャラクターについても、かなり深く語り合っている。アリスの妹のセルカという、まあ言ってみればチョイ役の女の子について、アリスが連れ去られたあとのユージオを見ていてどんな気持ちだったのかとか、比嘉をコピーしたフラクトライトの心情とかについての話も出てきた。

 

理由3:謎の人物「こばやしゆうすけ」に詳しくなれる

このWebラジオでは、なぜかやたらと「こばやしゆうすけ」なる人物についての話題が出てくる。その人物についてのコーナーがあるくらいである。「こばやしゆうすけ」とは一体何者なのか…?

 

まあ、声優の小林裕介さんのことなわけだけど。MC2人と仲良しらしくて、今のところSAOには特に関係なく、ラジオにも出ていないにも関わらず毎回いじられている。自分は、松岡さんが泥酔して、小林さんの家でSAO1期のアニメを一緒に見たけど全く覚えていなかったというエピソードが大好き。

 

いつかSAO本編にも登場して、ラジオにゲスト出演とかしてくれたら最高に盛り上がりそうだけど、難しいだろうか。アリシゼーション編は結構男性キャラも多いから、ちょっと期待しておく。

 

ソードアート・オンエアー アリシゼーションを聞こう

これからきっと、他の声優さんがゲストで出たりすることもあると思うので、もっと盛り上がっていくと思う。ということで、「ソードアート・オンエアー アリシゼーション」を是非聞いて欲しい。SAOファンならば絶対に損をしないはずだ。