明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

【読書感想】薔薇を拒む/近藤史恵

近藤史恵さんの「薔薇を拒む」を読んだ。ちょっと耽美な感じがありつつも、青春小説として、ミステリとしてもまあまあ面白かった。

薔薇を拒む (講談社文庫)

薔薇を拒む (講談社文庫)

 

17歳の鈴原博人は、訳あって通っていた高校を辞め、とある資産家の別宅にやってくる。ここで3年間働きながら勉強すれば、その後大学に行く費用を出してくれるというのだ。そこで待っていたのは、資産家の妻と、その娘・小夜。そして二人の使用人。最後に、もう一人同じようにして招かれた少年・薫だった。奇妙な組み合わせの共同生活は意外にも穏やかに始まり、博人は三年間何も起きずにこのまま屋敷での生活が続くことを祈るようになるが、その祈りもむなしく、殺人事件が起こる…。

 

中盤まではひたすら、屋敷での生活の様子が描写される。庭仕事やペットの世話といった軽作業をこなして、その後は読書したり勉強したりしてすごすというある意味夢のような生活だ。とはいうものの、屋敷に来たところで携帯を取り上げられたり、後に登場する刑事が「火薬庫」と称する、美少年2人に同年代の美少女、まだ若い妻と同じく若い二人の使用人といういつ間違いが起きても仕方がない人間関係など、常に緊張感が漂っている。

 

そしてついに殺人事件が発生し、いよいよ物語が動く…と思いきや、動かず…っ!博人の過去が明らかになったり、小夜との間に三角関係的な感じが生まれたりとかはあるのだが、肝心の殺人事件については、刑事がうろうろして捜査している、程度の感じで進展しているようすがない…。どんどん残りのページ数は少なくなる…。大丈夫なのか、これ?と心配になってきたころ、ついに謎が動き出す! この時、残りページ数30ページ。ここからどう畳むのか?残りのページ数から言って、さらっとした終わり方になるだろうと思いきや、ここからが怒涛の展開だ。そこまでするのか、と驚きつつも、あまりの勢いについついに一気に読み切ってしまった。

 

特に最後の最後で明かされた真実に関しては、少々重たいというか、この作品のシメとしてはやりすぎのような気もしないではない。コース料理頼んだらあっさりした品物ばかりでがっかりしていたら、最後のデザートにラーメンがまるまる出てきたようなインパクトだった。まあともかく面白かったのは確か。声を大にして勧めるほどツボには入らなかったけど、普通に面白いと思う。

 

いい意味で「雰囲気小説」。人里離れた洋館、美少年と美少女、夫と離れて暮らす妻と若い使用人。そして起こる悲劇…そんな感じの作品が好きな方ならはまると思う。