明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第16話 天敵

今回は、利根川の出世争いのライバル、黒崎が登場する話。ていうか、原作カイジでの黒崎のポジションが思い出せない…。どんなキャラだっけ。利根川焼き土下座後の後釜的な感じの…? 一条とかはまだ覚えてるんだけどなあ。

 

前半は、兵藤会長と利根川、黒崎が会長プロデュースのレストランで食事をする話。高級レストランといいながら、海水のようにしょっぱいスープに固すぎるステーキを出すとはどういうことだよと思わなくはないが、それはおいといて。どうやら、黒崎は会長にズバリ言っても許されるポジションらしい。まあね、人には相性とかあるから、なんか憎めないみたいな人もいるんだよね。帝愛グループの場合、それが出世にめちゃくちゃ影響しそうなのが問題だけど。

 

しかし、やり取りの様子を見るに、利根川の乗っかり方がいけなかったんじゃないかな。雹がゆるされて槍がアウツは確かに意味が分からないが、あとから乗っかる人にはそれ相応のリスクがあるよね。一回チクリは笑って流せても、それが重なれば流せなくなるパターンもあるのが人情だから。そこは先手をうった黒崎のうまさが光ったポイントだったかもしれない。でも、こうやって出世争いのライバルに目の前で差をつけられるのは心底堪えるものだし、それでも頑張った利根川はやはり偉いと思うよ。自分は、ある仕事でちょっとしたミスをしたとき、その仕事を外されて後任に同期の社員があてられたことがあった。その瞬間、自分はもうラインから外れたんじゃないかって、会社員生活が終わったくらいのショックを受けたから。

 

後半は会長と利根川が馬主になる話。なんかこう、無理やり高額な買い物をさせられるくだりにとんねるずっぽいなにかを感じてしまった大企業の幹部とはいえ、いちサラリーマンである利根川に競走馬の購入はきついのではないかと心配だ。結果としてユキオーは活躍したのだから利根川はお金を回収できたのかな。馬主にどういったメリットがあるのか良くしらないけれども、レースに勝てばお金が入ってくるんだよね? 

 

さすがに会長の馬シャッフルには苦笑。観客は疑問に思わないのかよ。体格はどうとでも言えるかもしれないけど、体やたてがみの色はねえ…。結局旧ユキオ―が出遅れる展開は予想どおりながら、ここでも唐突に出てくる黒崎。こいつも馬買ってたんかい。帝愛の幹部社員は、予想以上に高給取りなのか…? オチの、再度のシャッフルを黒崎にさくっと拒否される会長がちょっと面白かった。しかし、確か競馬というのは土曜日なんかにやってると記憶してるんだけど、この人たち休みの日にもみんなで集まって競馬観戦して、本当に仲良しだよなあ。まさに圧倒的アットホーム感…! 和気あいあいとした楽しい職場…。それが帝愛グループッ…!

 

 

過去の感想

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第15話 豪遊 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第14話 外出 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第13話 出航 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第12話 似非 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第11話 出張 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第10話 リハ - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第9話 カツ - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第8話 海老 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第7話 蔓延 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第6話 自爆 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第5話 猛省 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第4話 大人 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第3話 鉄板 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第2話 忖度 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第1話 - 怒られる男の日記

 

 こんなの買う人いるのか…?