明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第1話 「アンダーワールド」

ついに始まった、ソードアート・オンライン アリシゼーション。長大な物語の第1話にふさわしく、見ごたえのある1時間だった。

 

前半は、キリト、ユージオ、アリスの幼き日々。束の間の平和な日常から、安息日の冒険、そして暗転する運命の瞬間までを30分で描いた。原作ではこの部分かなり長かった気がするから、よくこの時間で納めたなと思うと同時に、第1話1時間は英断だったな、と。アリスが連れ去られるところまでで終わってたら、初見だと「はぁ?」ってなること間違いなしだ。

 

このあたりの見どころは、キリトに「現実と見分けがつかなかった」とまで言わしめたアンダーワールドの描写だ。風に揺れる木々や花、町の風景など、テレビアニメとは思えないほどのクオリティだったと思う。そんな何気ない日常描写のなかに、禁忌目録や整合騎士など、独特の用語が不自然じゃない程度にちりばめられていて、すんなりこの世界に入っていけそうな感じがした。

 

それから印象的だったのは、アリスの危機に思わず飛び出したキリトと、目の中の封印が発動して体が硬直してしまうユージオの対比だ。真っ赤に染まった視界をエラーコードみたいなのが埋め尽くして、何か普通でないことが起こっている不穏な感じが伝わってきた。

 

あと、キリトとユージオの声優さんが少年期の声出すの大変そうだった…。お二人がいろいろなインタビューやWebラジオでそう語っていたので余計にきつそうに聞こえてしまった。いや、もちろん聞いてて全然不自然じゃないし大丈夫なんですよ? やっぱプロはすごいですよ。でも、男性が変声期前の幼い声出すのってきっと大変なんだろうな、って。もともと優しい声質のユージオのほうが、そこからさらに一段幼くしなきゃいけないのでより難しそう。

 

後半では、GGO内でのPK集団とのバトルで開幕。いきなりのアニオリにテンションMAX! シノンだけじゃなくてキリトも出るかな、と思ったらそれどころかアスナ、リズ、シリカ、クラインまで。あの衣装はゲームとかで既出なのかな? それとも今回用のオリジナル? みんな似合ってたけど、リズが一番カッコよかったかな。血盟騎士団っぽいコスチュームのアスナが光剣で銃弾はじきまくってたのに驚愕。あれ、キリト以外にもできるんだ…。さすが、スピードと正確さでは自分より上とキリトが認めた閃光の名は伊達じゃないてことか。

 

そして、リアルに戻ってダイシ―カフェでの三者面談。なんとなく、キリトを挟んでのアスナシノンの会話にはそこはかとない緊張感を覚えてしまうのは気のせいなのでしょうか。キリトの心拍を愛でるアスナにドン引きするシノンが面白かった。以前からこの店で集まるシーンよくあるけど、エギルってこういう時、めっちゃ耳をそばだてて聞いてるのか、影に徹して聞かないようにしているのかどっちなんだろう。なんとなく、彼なら後者のような気がするが、自分だったら会話が気になって仕方がないだろうな。

 

それにしても、ソウルトランスレイターやフラクトライトの説明ははっきり言って全く意味が分からなかった。もちろん原作を読んでるから設定としては理解しているけど。色々語っていた中で、重要なのはアンダーワールド内での主観時間をコントロールできるっていうところかな。オーグマーの名前が出ていたり、微妙に劇場版の設定を取り込んでたのは嬉しかった。

 

ダイシ―カフェからの帰宅中の展開はドキドキものだ。微妙な距離感からのキリトの告白、アスナの答え、そして…。なんだこれは。二人の関係が一歩も二歩も先に進んでいるじゃないか…2期までの感じ、学校でお弁当食べてキャッキャウフフしていたレベルとは明らかに違う。これが劇場版で大人の階段を上った効果なのか! 原作でどういう描写だったか忘れたけど、なんか生々しかった。

 

ラストはラフコフ残党とのリアルバトル。キリトがリアルではひ弱な普通の少年っていうのは実際その通りなんだろうけど、この直前にオーディナルスケールがあったことを思うと、リアルでもキリトさん相当戦えそうに思ってしまう。駐車場でのエイジとのバトルとか、生身とは思えない動きしてたし。まあ、とにかく毒を注入されたキリトがギャルゲーの主人公のように前髪で目が隠れた状態でダウンしたところで第1話は終わり。全編通して見どころがぎゅうぎゅうに詰まって大満足だった。

 

最後にOPが流れたけど、ごく控えめに言って最高。一番最初の草原を3人が走っているシーンで胸が熱くなった。原作アリシゼーション編の最初のところで凄く印象的なビジュアルだったから、あのシーンが動いてるっていうだけで感動ものだ。幼少期の3人、いつものメンバーに重村教授、茅場、研究室の面々、ラースのメンバー、その他主要な新キャラクターが続々と登場して、情報量多すぎで目が間に合わない。最後の、キリトとユージオが並んで歩いていくところ、親友感がすごくてちょっと泣きそうだよ。

 

早速次回が楽しみで仕方ない。アンダーワールドでのバトルも早く見てみたいな。