明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

育児は筋トレだ!

皆さんこんばんは。またはおはようございます。

連休中に膝からばい菌が入り、膝を中心に足がパンパンに腫れあがって高熱を出してしまいました。間の悪いことに火曜日は年間TOP3レベルに休みにくい(=事実上休むことが不可能な)日だったため、出勤してさらに悪化。水曜日1日薬を飲んで家で横になってようやくまともに戻ってきました。

 

ところで、昨日はてブ人気エントリーを見ていたら、マッチョな歯医者さんの記事がやたら目立ちました。特にこの記事と関係ないのでリンクは張りませんがかなり見た目的にインパクトがありました。その中で、歯磨きと筋トレが似ていると書かれていたのですが、「継続」と「やり方」が大事というのが共通点だということで、そんな程度だったら大抵のことは筋トレと似ていることになってしまうんじゃないかと思いました。

 

私も独身時代は筋トレを趣味にしていたものとして、これは筋トレに似ているな…と常々思っていたものがあるのです。今日はそれを紹介します。それは…って、タイトルに書いてありますね。そう、育児です。

 

育児は筋トレなんです!

 

共通点1:辛いのに思わず笑ってしまう!

筋トレは辛いです。自らの筋肉をいじめるわけですから当然ですね? 限界近くなればブルブルと震えてくるほどです。でも、なぜでしょうね、そんなとき、満面の笑みを浮かべている瞬間があるんですよ。

ありますよね、筋トレ好きの皆さん! 

レーニングに立ち向かう自分が誇らしいのか、成果が出た時を楽しみにしているのか、それともMなのか…、それはわかりませんが、なぜか辛いのに楽しくなってしまうんです。

 

辛いのに、楽しい?

この感じ、何かに似ている…?

 

育児は辛いですね。どんなに辛いかは、育児ブロガーのみなさんがたくさんの記事を書かれていますので、ここでは触れません。ただ、しんどいし辛いし、とにかく大変だということで皆さんご理解いただいていると思って進めます。

でも、そんなとき、子どもの笑顔やかわいらしい仕草、成長の瞬間を見たとき、思わず浮かべてしまう表情がありますね? 

駄々をこねる子どもに振り回されてイライラMAXでも、ギュッと抱き着いてこられたら、ついつい浮かべてしまうあの表情です。

それは…

 

そう、満面の笑みです。

わかりましたか?

 

育児は筋トレなんです!

 

共通点2:成果をじっくり観察したくなる!

筋トレ好きの皆さん、一番好きな場所はどこですか?

そう…「鏡の前」ですよね。

 

筋トレに耐えて鍛え上げたボディをじっくり観察してみたくなるのが人情です。

着替えるときも、ズボンだけ履いて上半身裸の状態でなぜかわざわざ鏡の前に行ってしまう。軽く力を入れて筋肉の様子をチェックしたり、もちろん全面だけでなく、背中なんかも見たくなりますよね。

そしてもちろん、トレーニング直後のパンプアップした状態で仕上がり具合を入念にチェックする瞬間は至福の時ですよね。

 

色々な角度から観察したくなる? 至福の時?

この感じ、何かに似ている…?

 

子どもの姿を見るのは、育児の喜びの最たるものです。時には足もとでちょこまかと動き回る姿を微笑ましく見つめ、時には目線を合わせて表情を堪能し、時には高く抱え上げ、喜ぶ子どもの表情に思わず笑みがこぼれる…。足の形を観察したり、一心不乱に食事をする横顔を見たり、ありとあらゆる角度から見ても飽きることがありません。

そしてその最高の観察対象は、ズバリ「寝顔」これですね。一日の育児を終え、眠るわが子の姿を見つめる…この瞬間をなんというべきか。

 

そう、至福の時です。

わかりましたか?

 

育児は筋トレなんです!

 

共通点3:時には休みが重要!

筋トレも、毎日毎日高負荷のトレーニングをやっても効果は薄いです。高負荷のトレーニングをやった後は、十分な栄養を取り、ある程度休ませてあげることで超回復して以前よりもパワーアップすることができるわけです。

私が筋トレをやっていたときは、回復に48時間かかる的な感じで言われていた(アイシールド21でもどぶろく先生が言ってたし…)けど、今はちょっと違うようです。私は月水金はダンベルとか使って負荷をかけて、火木土は腕立て腹筋とか軽めのトレーニングをやり、毎日4キロくらいのジョギングをやっていましたね。

要は、毎日MAXパワーでやってもダメで、時には息抜きが必要ってことです!

 

時には息抜きが必要?
この感じ、何かに似ている…?

 

前にも書きましたが育児はしんどいです。親も毎日全力で向き合っていては壊れてしまいます。そう、酷使した筋肉のように…。適度に休ませる。預けることができるなら、親の完全休養に充てるのもいいでしょうし、それが難しければたまには外出して、親子ともどもガス抜きができると良いかもしれません。外出にはまた違った大変さがありますが、それも大勢の育児ブロガーさんが書いているので割愛します!

そうして、親が時には息抜きをすることで、さらにパワーアップして育児に向かうことができるわけです。

 

そう、時には息抜きが必要なんです。

わかりましたか?

 

育児は筋トレなんです!

 

最後に:継続こそパワーなり!

私が、このような考えに至ったのは、もちろん筋トレが趣味だったのが一番なんですが、もう一つ、妻が専業主婦であるということもあると思うのです。

娘の誕生から今に至るまで約6年、朝起こしてから着替え、トイレ、食事、歯磨き、洗顔まで、夜は入浴から寝かしつけまで、要は家にいる間にやることはすべてやっている。休日に自分の用事で外出するのは通院や散髪くらいのもの。

専業主婦の夫としては、できるだけのことをしていると思っていますが、やはり、もっと妻に任せたいな…と思うこともありました。特に仕事を絶対に特定の時間に切り上げないといけない入浴はきつかった。でも、じゃあ妻にまかせようか、と思うと必ず浮かんでくるのが、「ここまでやってきたのにもったいない」という気持ちです。あと1年かそこらで、いやでも自分でなんでもできるようになるのに、せっかく続けてきたのに、今やめるのはもったいない、と…。

この感じが、筋トレをやめようかな、と思った時に感じる「もったいなさ」と似てると思ったわけなんです。

 

世の中、こと育児に関して、もっと人に任せたいな…なんて選択肢がある人のほうがまれかもしれません。私も選択肢があるようで、妻が受け入れる可能性はほぼゼロなので、実はないのかもしれません。

まあ、それでもなんとかやってきたってことです。

 

続けることが、それだけですごいってことです。

続けている人は、それだけですごいってことです。

 

そう、継続こそパワーなりです。

わかりましたか?

 

育児は筋トレなんです!

 

ではまた¡