明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第12話 似非

今までの話でもくだらなさと意味不明さではトップレベルのエピソードだった。

 

少年野球のボールが飛んできたこととハチが背中に止まったことで、自分が狙われているとの被害妄想に陥った兵藤会長の命により、会長の影武者を探すことになった利根川と黒服の山崎。足を棒にして探すも手掛かりもなく、失意のままにふらりと立ち寄った定食屋のオヤジが、なんと会長に瓜二つであった…。山崎による、定食屋のオヤジをニセ会長に仕立て上げるための調教がはじまる…!

 

って、あらすじを書いてももう意味が分からないわけですけどね。影武者するのに、そこまで言動や所作までコピる必要があるのかっていうね。(利根川も突っ込んでたけど)しゃべり方と笑い方くらいはまだわかるけどさあ。

 

それはともかく、利根川や黒服たちにとっても、会長ってもう珍獣的な扱いをされてるんだなってことがよくわかった。熱々のステーキを素手で食べるってなんだよそれ。すごすぎるでしょ。ていうか、もう人間じゃないだろ。あの年齢でも歯が健康なのか?それとも財力を生かしてものすごい高品質な入れ歯でもいれているんだろうか。鼻の形が正面から見ると団子鼻なのに横から見るとガタガタっていう冷静な突っ込みも面白かった。ドラえもんにおけるスネ夫の髪型どうなってんの?みたいな話か。

 

なんだかんだで特訓の末、オーガニックな野菜を愛し客の体調を気遣う善良な定食屋のオヤジは、見事に会長のコピー、しかもオリジナルを超えたとすら称されるほどのコピーに変貌していた。控えめに言ってもこれってもう廃人だよ、社会復帰は絶望的だ!

 

最後の、山の中に捨てられたニセ会長が自力で山を下りて帝愛ビルに戻ってくるくだり、あまりのくだらなさに絶句しましたわ。山崎にかけた利根川のセリフが、まんま捨て猫を拾ってきた子供に対する親の言い回しで笑った。

 

個人的には、今回一番のツボだったのは、せっかく完璧な影武者を仕立て上げた利根川が報告に向かうも、すでに会長の影武者ブームは終わっていたというオチ。経営者ってのはだいたいこうなんだよ。社長に指示を受けて、ちょっと釈然としないまでもいろいろ調べたり根回ししてから社長に資料を持っていったら、もう完全に興味失ってて、せっかく作った資料は2行読んで終わりなんて経験をなんどもしているんでね。経営者ってのは、朝令暮改はおろか朝令昼改だったりするので。時間をかけたらダメなんだよな。

 

過去の感想

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第11話 出張 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第10話 リハ - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第9話 カツ - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第8話 海老 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第7話 蔓延 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第6話 自爆 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第5話 猛省 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第4話 大人 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第3話 鉄板 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第2話 忖度 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第1話 - 怒られる男の日記