明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第11話 出張

恐ろしいことに気が付いてしまったが、今トネガワと進撃を視聴しているのに加えて、10月からSAOアリシゼーションが始まったらアニメが3本になってしまう。週に3回アニメの感想を書いていたら、ほとんどアニメ感想ブログになってしまうのではないか?現に、今の時点でも読み終わった本や育児関係などの書きたい記事がたまってしまっている…。どれかを切るとすればトネガワなのだが、とはいえ、ここまで続けてきた視聴を終わりにするのはもったいないし、見るからには感想の一つも書きたいし…悩み中である。

 

とりあえず今回は利根川出張回。出張は正直サラリーマンとしての役得の一つだろう。私もめったにはないが、時々は恩恵にあずかっている。しかし、せっかくの新幹線移動も、上司と一緒では興ざめ…! 黒服は利根川ととなりの席に座ることになんら抵抗を覚えていないようで、それ自体利根川の良き上司ぶりを物語っている。自分だったら上司とは別々の席に座りたい。ていうか、かりに部下や後輩であっても、一緒の席なんか嫌だ。堂々とラノベを読んだりスマホゲーに興じたり、寝まくったりできないじゃないか。

 

出張先では、仕事もそこそこに、飲みに誘えオーラを放ちまくる利根川。こういうのは好きな人もいるのは重々承知だが、全然知らないであろう支社の人間とすらいきたいものなのかね。自分なら、仕事が終わったら早々に解散し、一人で街の散策としゃれこみたい。行った先に、同期なり知り合いがいれば、そういった人と旧交をあたためるのは良さそうな気がするが。そんな、良く知らないような人と飲んでも疲れてしまうような気がするけどな。それにしても、実に7日間にわたってオーラを放出し続けたとは、飲みに行きたがりすぎでしょ。

 

後半は利根川出張中の黒服パート。黒服界隈に、期せずしてのオシャレブーム到来! 黒服的オシャレはとんがり靴んび蝶ネクタイ、帽子、カッコいいグラサンなどなどらしい。最近は、若手の人だとかなり攻めたファッションの会社員もよく見かけるけどね。そもそも、会社によっては(業界系とか)私服で仕事しているところもあるわけだし、服装なんてなんでもいいと思う。そもそもスーツでできることなんて限られてるし。アレでいいんじゃないですか、よく言う、例の「清潔感」ってやつ。

 

そして満を持して登場の利根川。スーツは体に合ったものを着る、というド正論中のド正論で黒服オシャレ隊を完全論破。ザギンの服屋に連れて行って、さらにカリスマ性がパワーアップしてしまったようだ。黒服連中、相変わらずチョロすぎるなあ…。

 

過去の感想

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第10話 リハ - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第9話 カツ - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第8話 海老 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第7話 蔓延 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第6話 自爆 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第5話 猛省 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第4話 大人 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第3話 鉄板 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第2話 忖度 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第1話 - 怒られる男の日記

 

 これ、悪魔的特典ってなんだよ、気になりすぎる。