明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

【読書感想】純喫茶「一服堂」の四季/東川篤哉

この表紙をみたら、「ああ、ビブリア古書店のヒット以降急増した、美女探偵+お店ものの量産型ミステリね」って思ったのだが、作者名を見てびっくり、東川篤哉さんであった。 

純喫茶「一服堂」の四季 (講談社文庫)

純喫茶「一服堂」の四季 (講談社文庫)

 

鎌倉にある、隠れ家すぎてもはや誰もやってこない純喫茶「一服堂」。その店主、安楽椅子(あんらく・よりこ)は、文字通りの安楽椅子探偵だ。普段はまともに接客ができないほどの人見知りだが、人たび難事件の話を聞けば、快刀乱麻を断つがごとく事件を解決する名探偵に変貌する。今日も、不思議な事件に巻き込まれた客が一服堂を訪れる…。といった感じの話である。

 

大抵は日常の謎系ミステリになっているこの手の作品には珍しく、バラバラ殺人やら十字架にかけられた死体やら、わりとガッツリ猟奇的な事件を扱っているのが珍しい。タイトルに四季と含まれているだけあって、春夏秋冬にまつわる4編のミステリが収録されている。

 

一見すると量産型ミステリなのだが、そこは東川さん。まず探偵役の店主の名前が安楽椅子という時点でふざけているが、さらに「極度の人見知りで『客』という言葉に異常な反応を示し、羞恥のあまりに追い返そうとする」「事件の話を聞くと人格が豹変してガラが悪くなり、唐突にうまいコーヒーを入れ始める」などキャラ設定がてんこもりすぎて渋滞している状態だ。当然ながら集まってくる客も相当にアクが強く、毎回店内はカオスすぎる空間となる。そこらのほんわか癒し系お店ミステリとは違うぜ!という東川さんの強い矜持を感じるのである。

 

内容だが、春と夏はそれぞれ十字架殺人(そんな言葉はない)を扱っている。春の事件は密室もの、夏の事件はアリバイものだ。それぞれに工夫を凝らした謎解きがあって楽しめたが、どちらかというと夏の事件が好みだ。とある田舎の農村を舞台に起きた殺人事件。地主が殺され、十字架にかけられたかのように両手両足を固定された状態で発見される。近くで農作業をしていた男女は、その間に被害者の自宅に3人の来客があったのを目撃していた。果たして犯人は…という話。犯人の意外性もさることながら、トリックがかなり独創的で、バカミスになるギリギリのどころを攻めていて面白い。人によってはふざけんな!となるかもしれないが、私的にはアリの範囲だ。

 

秋の事件は、とある作家の公私ともにパートナーと目されている秘書的存在の女性が自宅で殺されていた。他の女性の影がちらつく作家が、男女関係のトラブルから犯行に及んだ可能性が浮上するが、作家には確固たるアリバイがあった…という話。謎の女性の正体がキモになるが、まあ予想できる内容だったかもしれない。面白かったけど。

 

冬はバラバラ殺人なのだが、これはミステリ史上でも有数の不快なトリックかもしれない…。正直、潔癖症の人は読まないほうが良いとすら思う。なんていうか、この作品が映像化されることは未来永劫絶対にないと断言できるレベルで汚いので、トリックが…とかそういう感想は吹っ飛んでしまった。実はこの冬のエピソードを読むと、この短編集全体に隠されたとある謎が明らかになるという仕掛けになっている。勘のいいひとは秋の段階で気が付くかもしれないが。

 

全体を通しての感想は、この大仕掛けを含めて、東川さんがお店系ミステリのテンプレを使って、散々遊び倒したという印象の作品だった。東川ファンなら押さえておきたいが、そうではなく、純喫茶を舞台にした、穏やかな時間が流れるような日常系ミステリを期待して手に取ってしまうとあまりのギャップに困惑する可能性が高い。ある意味表紙&タイトル詐欺になってしまっていると思う。もし読まれる場合は、色々な意味で期待を裏切られることを覚悟していただきたい。