明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第7話 蔓延

やや季節外れのインフルエンザネタ。限定ジャンケンの企画検討、細部の詰めを進めるチーム利根川に、インフルエンザの魔手が襲い掛かるっ……!

 

限定ジャンケンの星に、ハートマーク案があったのに笑った。もしカイジたちがハートのやり取りをしていたと思うと、なかなか間が抜けていて面白い。星にしたのがどう考えても正解だっただろう。カードのスケルトン柄はたしかに秀逸。意味深でありつつ、シンプルにジャンケンの手をそのまま表示してわかりやすいのもいい。

 

前半のハイライトは、利根川自らがインフル予防の指南を黒服たちにするところだろう。マスク着用はいわずもがな、手洗いは肘まで、うがいは喉の奥までもきっちりとケア……! 帝愛グループのNo.2たるもの、インフルエンザウイルスとの戦い方も熟知していることを思わせた。

 

しかし忍び寄るインフルは利根川をもその魔手にかける。しかし、症状を感知するとすかさず病院で検査を受け、インフルエンザと判明するやいなや休養を決めるのはさすがだ。この重大な局面で、プロジェクトを破綻させかねない道を迷いなく選べる決断力もまた、帝愛グループでのし上がった男の矜持というものか。

 

後半は、利根川からリーダー代理を任命された男、ベテラン黒服の権田という人物が主人公になる。やはり黒服というのは帝愛においては一番の下っ端、いわば平社員のようなステータスであるらしく、権田は自らを出世する器ではないと任じながらも、利根川の期待に応えんとリーダーの役割を果たしていく。

 

黒服たちが細かいことをやたらに問合せしてくるが、これは利根川でなくともいら立つというもの。ホルスターの色とか、正直どうでもいいとしか…。所詮は使うのは食い詰めた落伍者たちなわけで。カードのデザインに凝るのは、ゲームの状況を見る会長向けにはったりを利かせるためとわからなくはないが。

 

そして権田に昔語り(黒服に歴史あり…だ)を挟んで結束するチーム利根川、否、チーム権田! いい話だったが、インフルに掛かった人間と窓一つない密室で延々と仕事をすることは明らかに危険すぎる行為…っ! 最後は全員がインフルエンザにかかりパンデミックという、あまりにも予想されたとおりのオチであった。

 

限定ジャンケンの企画は果たして進んでいるのだろうか。リハーサルは予定通り行えるのか? 一抹の不安を残して来週に続く。

 

過去の感想

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第6話 自爆 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第5話 猛省 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第4話 大人 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第3話 鉄板 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第2話 忖度 - 怒られる男の日記

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第1話 - 怒られる男の日記

 

中間管理録トネガワ(7) (ヤングマガジンコミックス)

中間管理録トネガワ(7) (ヤングマガジンコミックス)