明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

【アニメ感想】中間管理録トネガワ 第1話

今日から始まったのでとりあえず見た。

カイジは最初のほうは本当に面白くて、漫画も読んだし、藤原竜也の実写版も両方見た。ただ原作にチャンとかマリオとか出てきたあたりで脱落して、今はどうなってるかわからない状態。アニメ版のカイジも見てない。このアニメみたら、最初のほうでカイジの流れを振り返るところが懐かしくて、またカイジの最初のほう読み返したくなった。

 

で、トネガワの感想だけど、いやー、これはくだらなかった。原作(カイジ利根川の、焼き土下座にいたる一連の流れを知っていればこその面白さがあるはずなんだけど、なんだろうな、トネガワのマンガを読んだ時ほどのインパクトがない。まあ、ギャグマンガでネタを知ってたら印象薄くなるのは当たり前か。ところで前のカイジアニメしらないんだけど、ずっとナレーションは川平さんなんですか?正直ふざけすぎ感があっていまいちのような。大真面目なトーンのほうがギャップで面白さが出たりしないのかな。素人考えだけど。

 

後半の黒服連中との絡みは面白かった。全員ボーリングが趣味とか、珍名さんや紛らわしい名前に利根川がキレるくだりとか。なんとか次郎三郎に、名前を二人分言わなかったか?って聞くところとか。荻と萩のかぶりとかのやつ。こりゃ利根川も苦労するわ。ちなみに、自分で黒服の名前を覚える気はない。トネガワフリークともなると、黒服全員の名前と見た目が一致するのかな?

 

そのほか面白かったのは、帝愛グループのCMかな。〇富士ダンス、懐かしかった。多重債務者の女性が無理やり踊らされているとかいう都市伝説あったな。あと、兵藤が完全に面白おじいちゃんになっちゃってるところも笑ったけど、よく考えたら兵藤はカイジでも大して変わらなかった気が。

 

ともかくだいぶ内容薄いから、前半トネガワ、後半ハンチョウとかの構成でいいのでもっと濃くしてもらいたい。と、そんな感想なので、次回も見るかは未定。時間が遅くてきついんだよな。配信は地上波よりだいぶ遅いし…。見るとしても、翌日に配信で見て水曜深夜に感想あげる感じになるかもしれないです。

 

 

中間管理録トネガワ(1) (ヤングマガジンコミックス)

中間管理録トネガワ(1) (ヤングマガジンコミックス)

 
1日外出録ハンチョウ(1) (ヤングマガジンコミックス)

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤングマガジンコミックス)