明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

【アニメ感想】SAOオルタナティブ ガンゲイル・オンライン 第12話

いやー終わりましたわー。終わっちゃいましたわ。アニメをリアルタイム(配信で見てるから正確には違うかもだけど)で完走したの久しぶりだったから、なんというか喪失感がすごい。来週からもうないのかと思うと寂しすぎる。

 

気を取り直して感想を書いてみるけれど。まず、レンvsピトフーイの決着。原作を知ってる身からすると、あの最後の攻撃が、どれだけ説得力ある感じになってるのか心配だった。だって、シャーリーに目をぶち抜かれても生きてたピトさんを、レンがガブガブしただけで殺せるかな? しかし、見てみたら意外と納得感があった。多分、「血管食いちぎってる感」がすごくあったからだと思う。システムが致命傷だと判断したんだろうなって思えた。

 

二人の決着を、ライバルたちが酒場で見ている描写もすごく良かった。ちゃんとクラレンスとシャーリーも出てきたし、これからも戦いは続くぞって感じで。MMTMのデヴィッドさんの「ほほう…」みたいな表情もキャラが出てていい感じだった。

 

で、後半。ここ、確かにすごく面白いのはわかってるんだけど、豪志とのなれそめ語るシーンはもうちょっとはぶいていただいても結構だったかな~って。美憂の突っ込みと相まってすごく面白いシーンなのはわかってるんだけどさ、最終回だし…。そこなにいるか?って。まあ、その分どこに尺を使うかっていうと、エルザの曲くらいしか特におもいうかばないんだけれども。

 

ピトフーイのリアルとの対面シーンは、思ったよりもあっさりだったかな。多分こうだよねって、みんなわかってたことだしね。あの、無意味にも思えたファンレターのくだりが伏線になってるのは、素直にうまいと思った。あと、ピト(のリアル)が、「いつか必ず精神的に」って言ってるの、SAO本家リスペクトな感じで嬉しくなった。

 

そしてエンディング。ゲームを楽しんでる感じで終わるのも、この作品らしくって爽やかで明るくて、とてもよかった。いつになるかわからないけど、2期や劇場版なんかも見たいなあ。できれば、SJ3とワンサマー・デイを2期、今やってるSJ4を劇場版とか。時雨沢先生は、川原先生との対談で、「この後は普通にゲームやってるだけだから…」みたいなこと言ってたけど、10年前ならいざ知らず、今はもう普通にVRゲーム楽しんでるだけのアニメも十分成立するだけの素地ができていると思う。ぜひお願いいたします。

 

通しての感想としては、終始レンも香蓮もかわいくて、アクションシーンはカッコよくて、音楽も使い方も相まっていつもテンションがあがる楽しいアニメだった。声優さんがみんな、リアルとアバターの二役やってるのもすごかった。素晴らしい作品をありがとうございました。