明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

【アニメ感想】SAOオルタナティブ ガンゲイル・オンライン 第10話

前半はSHINC対PM4、シャーリーの一撃を挟んで後半はMMTM対PM4。今回も駆け足な展開だった。

 

SHINCのソフィーがわざと死んで向けの銃座となる場面はなかなかのインパクト。笑顔で死んでいるのがまたなんとも良い。でも、ソフィーがボスのに撃たれたのがわかりにくくなかったかな。自分はちょっとわかりにくいと感じた。

 

部活後にリアルで作戦会議しているシーンもよかった。実際の部活シーンって直接的な描写は原作でもほとんどなかった気がするので。そういえば、この場面では、シノンの名前が思い切りでていた。原作でも、シノンに話を聞いたという説明自体はあったけど、本家キャラの名前は出さない方向なのかなって思っていた。

 

そして中盤のシャーリーのシーン。ここは、もっと変貌するというか、人格が変わるくらいの強烈な落差を予想していたので、思ったよりもあっさり風味の印象。チームとしての回想から逃走シーンから狙撃まで全部やらないといけないから、じっくり描写する余裕がなかったんだろうなあ。SJ1とSJ2だと、原作で倍のボリュームがあるので、SJ2は全体的に時間が足りてないと感じることが多い。好きなキャラなんで、もっと見たかったなあ。

 

後半、MMTMがバンガロー?に突入したシーンもあわただしかった…。MMTMの室内戦闘がすごい!みたいな説明が酒場の観客から入るくだりも欲しかったなあ。PM4の覆面メンバーとのバトルはかなり見ごたえのある戦いだったんだけど、アニメみただけだと、PM4覆面メンバーはほぼ玉砕しただけみたいな感じに見えちゃったな。仕方のないことだけど、やっぱり前半と後半でそれぞれ1話欲しい内容だった。

 

最後のピトフーイ復活シーンは、まさに魔王復活って感じで迫力十分。一瞬で葬られていくMMTMメンバーの皆様には気の毒だけど、ここはえぐさもありいい感じだった。光剣で壁越しに目刺しされた人は一番かわいそう。ゲームがトラウマになりそうだ。

 

とにかく、全体的に忙しくて、ここはもっとじっくりと見たかった…という感想が大きい回だった。あと、ちょっと絵がね。荒れ気味だったのがな。一撃受けたピトさんが錯乱してエムが抱きかかえている場面、テンション振り切れているヤバさというよりも、表情とかが間が抜けてみえちゃって、酔っぱらいを介抱しているコメディシーンみたいだった。

 

まあ、次回はもうノンストップでラストバトルに突入していくはずなので、すべてにおいて充実した内容を期待して1週間待機しよう。