明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

2018-10-04から1日間の記事一覧

【読書感想】ifの悲劇/浦賀和弘

浦賀和弘さんの「ifの悲劇」を読んだ。相当にトリッキーな構成のミステリで、この手の小説を読みなれた読者でも大抵は騙されてしまうのではないか。「騙し」「驚き」とという一点においては、かなりレベルの高い作品だった。 ifの悲劇 (角川文庫) 作者: 浦賀…