明日の君に会いに行く

絶え間なき離婚危機と戦うブログ

【読書感想】ブギーポップ・イン・ザ・ミラー パンドラ/上遠野浩平

 

ブギーポップ・イン・ザ・ミラー 「パンドラ」 (電撃文庫)

ブギーポップ・イン・ザ・ミラー 「パンドラ」 (電撃文庫)

 
ブギーポップ・イン・ザ・ミラー「パンドラ」 (電撃文庫)

ブギーポップ・イン・ザ・ミラー「パンドラ」 (電撃文庫)

 

ブギーポップの原作を読み返すプロジェクト第3弾。

 

ブギーポップシリーズも数あれど、自分的に一番好きなのはこの「パンドラ」なのだ。青春感とでもいうかなんというか、少年少女たちの一瞬の、それだけに美しい生命の輝きというか、とにかく自分の好きな要素がぎゅうぎゅうに詰まった作品だ。

 

人の目を覗くと、瞳の中にその相手がいつか出会う人物が見える「イントゥ・アイズ」の海影香純。いつか嗅ぐにおいを感じ取れる「アロマ」の七音恭子、未来に起こることを漠然と予測できる「ベイビー・トーク」の数宮三都雄、未来に見るものをスケッチブックに描くことができる「自動書記」の辻希美、いつか聞く声を再現できる「ウィスパリング」の神元功志、体に未来の出来事に関係する文字が浮かび上がる「聖痕」の天色優。

 

それぞれ、一人では役に立たないささやかすぎる予知能力を持つ6人は、偶然か必然か出会ってグループを作り、全員の予知能力を合わせて未来の出来事を予測するゲームを繰り返していた。それは遊び半分で、ちょっとした人助けをしたり、冒険を楽しんだりという範囲で、その能力ゆえに社会から浮きがちであった彼らにとっては、自分をさらけ出せる仲間と過ごす時間そのものが何にもかえがたかったのだ。しかし、彼らは出会ってしまう。ある世界の敵と、それをめぐって争うものたちに…。

 

と、こんな話なわけだが、これまでの2作とは違ってかなりストーリー自体ストレートで分かりやすい。ちょっとした非日常の冒険を楽しんでいた6人が、謎の組織から逃げ出した少女を保護したことから、大事件に巻き込まれてしまうという王道の展開で、素直に楽しめる。スタージョンの「人間以上」っぽくてSF感もある。

 

そして、自分が好きなポイントとしては、6人の仲間感というか友達感というか、そういう眩しいようなキラキラした輝きだ。それぞれに事情があったり、仲間に秘密を抱えているものもいるんだけど、それすらも「仲間でいるためのウソ」であったりして、みんなすごく良いやつなのだ。いつも冗談でからかっているけど実は香純のことが好きな七音、一見そっけない態度をとりつつも幼馴染の神元に思いを寄せる希美。うるさすぎない恋愛要素もちょうどいい塩梅だ。

 

だからこそ、中盤以降の展開には手に汗を握るし、胸が痛かったりもするんだけど…。

 

最終盤で、七音が事件に巻き込まれるちょっと前のことを思いだすシーンがある。みんなでいつものように予知ゲームをして、何かがあるはずだと目星をつけた場所に向かうんだけど、それがとんだ勘違いで盛大に空ぶってしまう。でも、みんなは愚痴を言い合いながらも顔は笑っていて、七音はいつも、いつまでもこんな日々が続くんじゃないかと想像する…。

 

………(涙)。

 

だめだ、こういうシーンに弱いんだよな~。かなわなかった幸福な未来、みたいなさあ…。結局今回も同じところで涙してしまった。前回は、客先周り中に立ち寄った永田町の喫茶店で読んだなあ。もう20年前か…。いろんな意味で遠くにきちゃったなあ、俺も。

 

と、自分がたりはさておき。

 

ブギーポップシリーズとしては若干異色の作品(ということはつまり普通っぽい)だと思うのだが、青春小説としてすごく良くできていると思うし、個人的には大好きな小説だ。後のシリーズで、本作のキャラクターが登場するのかは覚えていないけど、彼らのこれからがとても気になるし、願わくば幸福であってほしいものだ。

 

過去の感想

【読書感想】ブギーポップは笑わない/上遠野浩平 - 明日の君に会いに行く

【読書感想】ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーター/上遠野浩平 - 明日の君に会いに行く

 

【読書感想】ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーター/上遠野浩平

 

ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーターPart1

ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーターPart1

 
ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーターPart2

ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーターPart2

 

ブギーポップの原作を読み返すプロジェクト第2弾。

 

受賞作でもある「ブギーポップは笑わない」から続く、プロ作家としての初めての作品であり、シリーズでも珍しい上下分冊でもあり、統和機構やMPLSといったキーワードが初出して後のシリーズの方向性を決定付けた内容でもあり、作者的にはかなり気合の入った作品だと思われるVSイマジネーター。

 

しかし、個人的にはさほど印象に残っていなかったりする。原因としては、やはりイマジネーターというのが結局なんなのか、何がしたかったのかわかりにくいというのがあって、再読である今回も同じような感想が残った。まあもちろん、それは自分が思っただけだし、そもそもの話、はっきりしてなくてわかりにくいのはこのシリーズの特徴のでもあるので、それが悪いというわけでもないのはわかっている。

 

反面、ザ・悪の怪人という感じで登場したスプーキーEだったり、発表当時の1998年に流行っていたのであろう無口無表情系ヒロインの織機綺と霧間凪の弟でもある谷口正樹の関係性なんかはかなり鮮明に覚えているし、今回もかなりツボったので、根本的には自分はこういうわかりやすいものを求めているのかもしれない。じゃあこんなシリーズ読んでるなよって話だが…。

 

実際、スプーキーEみたいなわかりやすい悪役が出てくれるとほっとしたりする面はある。ドラッグを撒いて、電撃で精神を操作して人間を操り人形にしちゃったりして。あ、こいつは最後にはブギーポップがやっつけてくれるな、みたいな。実際にはイマジネーターに倒されたわけだけど。

 

イマジネーターとブギーポップの物語としてみるとぼんやりして捉えどころのない作品だけど、織機綺と谷口正樹の物語としてとらえると、それこそベッタベタにわかりやすくなる。作られた人間である織機が正樹のまっすぐな人間性や思いに感化され、次第に思いを寄せるようになっていくが、自分にはその資格がないと葛藤するくだりは素直に感情移入できた。最後には彼女の築いた心の防壁を純粋な感情で正面突破して見せた正樹もまさにヒーローだった。

 

そして、イマジネーターと直接対決しながらその恐怖にも負けず、被害者を助け、探偵さながらの調査能力で独力で決戦の地にたどり着いた末間さんも裏MVPといっていいんじゃないかな。今回1巻から再読してみて、なんとなく雷電的な解説役のイメージだった彼女がこんなに行動力と決断力に富み、物語の中心に自分から飛び込んでいく存在感があったんだな、ということに驚いている。

 

というわけで、感想を書いてみたら、肝心のイマジネーターについてほとんど触れていないということになってしまった。中心がふわっと形が見えにくく、外側にばかり目が行ってしまう。これもまたブギーポップシリーズならではの特徴といえるのかもしれない。

 

過去の感想

【読書感想】ブギーポップは笑わない/上遠野浩平 - 明日の君に会いに行く

 

 

 

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第15話「烈日の騎士」

フィデルとリネル、四旋剣、ファナティオと同時に7人もの整合騎士とキリト、ユージオがくんづほぐれつな第15話。

 

そういえば、またOP映像が変わっていた! まずは最初のシーンでサブタイトルがついて、2クール目は「RISING」ということになったようだ。そして、ユージオと謎の剣士のバトルシーンが追加。かわりにキリトとユージオのシーンがなくなったのが残念。でもユージオかっこよかった。あと、先週かきそびれたんだけど、最後のほうでキリトが血を吐きながら吠えるシーンが狂おしいほど好き。あそこだけ何十回も再生しちゃった。

 

フィデルとリネルは、毒でキリトたちの不意をついたのはいいけど、百戦錬磨のキリトには通じなかった。アドミニストレータ様の実験で強制レベルアップさせられた2人だけど、まあ、いわばスライムだけ倒してレベル上げしてたみたいなもんだから、本当の実戦での戦いは知らないってことなんだろう。1期のシリカ回で、集団からの攻撃をあっさりしのいでみせた時を彷彿とさせるかっこいいキリトさんだった。

 

そして、ファナティオ&四旋剣とのバトルへ。しかし、四旋剣さんの見せ場、なしっ! 原作では、ジェットストリームアタック的な連続攻撃で多少なりとキリトを苦しめた印象があったけれども、尺の都合か、ファーストアタックをキリトにいなされて、ファナティオさんに下がるように命令され、最後はユージオの完全支配術で動きを封じられて終わり。なんだかかわいそうだった。

 

ファナティオ&キリトはアリシゼーション屈指の名勝負だと思っているからかなり楽しみにしてた。まずは、天穿剣の攻撃をかわしていくキリトさんの動きがすごい。アインクラッド時代を思わせるような身体能力だった。そして、鏡を錬成もとい生成して対抗する判断の速さ。デュソルバート戦では、切込み役をユージオに任せたうっぷんを晴らすかのようなキレキレっぷりだ。

 

兜が外れてからのファナティオさん、思っていたより幼くてかわいい感じのイメージだった。キリトとの超高速バトル、ギリギリのところで高いの攻撃をかわしていく感じがすごくよかった。剣の軌道を描かないで光だけで描写しているところは正直ちょっとギャグっぽかったけど。

 

そういえば、キリトが女剣士に何度も負けてるっていってたのは、きっとユウキのことなんだよね。リーナ先輩にも負けてるけど、彼女の場合は正真正銘全力のキリトとは戦ってないだろうし。アスナなんかは、キリトをスーパーヒーローのごとくに崇拝しているから、もしもキリトから一本とれる場面があっても、あえていけないんじゃないだろうか。

 

キリトがファナティオに、普通に恋をしてうんぬんいうところ、アニメのやりとりだと唐突に感じるけど、原作だとキリトの「誰のために髪をといて~」のセリフのあとでファナティオが想い人の存在に触れて、キリトが恋のことで悩んだりすお前たちも人間なんだって切り替えすんだよね。それを受けての恋発言だけど途中を端折ったのでキリトが恋愛脳患者みたいになってしまった。

 

過去の感想

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第1話 「アンダーワールド」 - 明日の君に会いに行く 

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第2話 「悪魔の樹」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第3話 「果ての山脈」 - 明日の君に会いに行く 

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第4話 「旅立ち」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第5話 「オーシャンタートル」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第6話 「アリシゼーション計画」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第7話 「剣の学び舎」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第8話 「剣士の矜持」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第9話 「貴族の責務」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第10話「禁忌目録」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第11話「セントラル・カセドラル」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第12話「図書室の賢者」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第13話「支配者と調停者」 - 明日の君に会いに行く 

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第14話「紅蓮の騎士」 - 明日の君に会いに行く

 

関連記事

ashitanokimi.hatenablog.com

ashitanokimi.hatenablog.com

 

>

【読書感想】ブギーポップは笑わない/上遠野浩平

ブギーポップアニメ開始記念、原作を最初から再読してみるプロジェクトを開始してみる。

 

ブギーポップは笑わない

ブギーポップは笑わない

 

まずは記念すべき第1作、「ブギーポップは笑わない」だ。前に別記事で書いたけど、出張中に立ち寄った書店で発売したばかりのこの本を見つけて、ほとんど一目ぼれのような形で買ったのがブギーポップとの出会いだった。今回再読して、言葉のいいまわしや世の中の描写にはさすがに時代を感じる部分もあるものの、核となる物語の部分では驚くほどに新鮮で色あせない魅力を再確認することができた。

 

人を食らう怪物マンティコアと、それを追う謎の存在エコーズ。そして怪人ブギーポップ。それらの戦いに巻き込まれてしまった少年少女たちの物語。それがこの作品のおおざっぱな紹介ということになる。後のシリーズを象徴する、統和機構やMPLSといったキーワードこそまだ出てこないが、ブギーポップシリーズの味という部分ではほとんど完成されていると感じた。

 

一番の特徴は、複数の人物の視点を切り替えながら、一つの事件を描いていくことだろう。そうした手法が小説で使われる場合、様々な視点から描くことで一つの事件の様々な面を見せるというパターンと、逆に多角的な描写で見えなかった面を明らかにしていくというパターンがあると思うのだが、この作品の場合はそのいずれとも違う。事件はあくまでも鏡であって、それぞれの視点人物が鏡に映した自分自身を見つめなおすような物語になっているというか…、色々な面から見ることで事件はその輪郭を失い、あれはなんだったんだろう?という、作中人物の何人かが抱いたのと同じ感慨を読者に抱かせるような作りになっているように思う。

 

面白いのは、読んだ後に印象に残っているのが、マンティコアでもエコーズでも、ブギーポップですらなく、何の力も持たない普通の少年少女たちの物語だということだ。好奇心と正義感の赴くままに事件に飛び込んでいった末間さん、知らずのうちに世界を救い、そして死んだ紙木城さん、そして誰よりも事件の核心に近づき、それでもなお自分を失わなかった新刻さん。彼女たちの活躍が何よりも心に残っている。特に新刻さんはMVPといってもいいと思う。マンティコアを前にしての啖呵は見事だった。ブギーポップをして、見事だといわしめた意思の強さは伊達ではない。

 

これから、極力アニメ放映中に原作を最新刊まで読んで、順次感想を書いていきたい。

 

 

 

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第14話「紅蓮の騎士」

新章突入&新OP&ED初お目見えの第14話。

 

まずは武具庫へ押し入って、黒い剣と青薔薇の剣をゲットするところから。剣が意外とあっさり見つかったのが面白かった。まあ、手に入れたばかりの神器だから、手前のほうにしまってあったんだろう。そして新衣装に着替え。原作だと、修剣士の服がボロボロになったから着替えたみたいな感じだったけど、アニメだと新品同様のままだったから、必然性のない謎着替えになった気が。まあ、こまけえことはいいんだよ。

 

そして新OP「REGISTER」! 冒頭は前OPにもあった、キリトとユージオがユニゾンするシーンからはじまり。静かなユージオ&アリスの回想を経て、キリトが立ち上がってからのデュソルバート→ファナティオ→アリスのボスラッシュ。デュソルバートの矢をスライディングしてよけるのカッコいい。本編ではそんなシーンなかったけど。

 

そこかしこに前のOPを意識したシーンがある中で、印象的だったのはカーディナルのどこかさみしそうな表情と、最後のキリト・ユージオのハイタッチ。指を上にあげるくだりまでは前と同じだったけど、最後はそれぞれ体を反転させてのハイタッチですれ違うかのように逆方向に歩き出すという…。なんとも意味深な演出だ。

 

本編始まってデュソルバート戦。始まる前の、キリト(ニヤッ)ユージオ(はあ…)みいな流れ好き。そして、キリトが氷で作った盾とスピニングシールドで紅蓮の炎を防ぎきると同時に斬りかかるユージオ。エルドリエ戦ですっかり確立されたコンビ戦闘だ。ていうか、スピニングシールドって、超高速ペン回しみたいなイメージだったけど、手をかざすだけで勝手に回ってくれるんだね。一気に切りかかったユージオは、アリスへの思いを再確認することで敵の弓をはじき、弱ったところに二連撃を叩き込んで勝利。意外とあっさりだったが、内容は濃いバトルだった。

 

このあとデュソルバートに真実をかたるシーンが続く。整合騎士たちはそれぞれ失われた記憶があるんだけど、この人のが一番切なくて好き。顔も名前も忘れてしまったけど夢に見る面影、というのがなんとも。そしてこの面影の主はおそらくもうこの世にはいないっていうね。デュソルバートさんかわいそう…。

 

そしてEDは「forget_me_not」。前のアイリスに続いて、ユージオの曲って感じだ。最後、子どもの頃の3人に戻って歩いていくのが微笑ましくも、なんか不穏なものを感じさせる感じだった。

 

過去の感想

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第1話 「アンダーワールド」 - 明日の君に会いに行く 

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第2話 「悪魔の樹」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第3話 「果ての山脈」 - 明日の君に会いに行く 

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第4話 「旅立ち」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第5話 「オーシャンタートル」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第6話 「アリシゼーション計画」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第7話 「剣の学び舎」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第8話 「剣士の矜持」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第9話 「貴族の責務」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第10話「禁忌目録」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第11話「セントラル・カセドラル」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第12話「図書室の賢者」 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ソードアート・オンライン アリシゼーション 第13話「支配者と調停者」 - 明日の君に会いに行く 

関連記事

ashitanokimi.hatenablog.com

ashitanokimi.hatenablog.com

 

【アニメ感想】ブギーポップは笑わない 第3話

「ブギーポップは笑わない」編の完結回。思ったとことを素直に書いてしまうと、うーん?という感じだった。

 

一つは、単純に、あまりにも駆け足にまとめてしまったように思えたこと。田中君が直子の行方を気にして新刻さんに相談し、そこに早乙女が絡んでいくところからはじまり、凪とエコーズが出てきて早乙女が本性を現してマンティコアが降ってきて…で、最後のブギーポップによる締めまでが急展開すぎるような気がした。

 

しかし、思えば原作の展開を損なっているわけでもなく、もともとがこういう話なのだからしかたがないのか。1話が武田とブギーポップの、2話が凪と末間、マンティコアと早乙女の関係性を割とゆったり描く展開だったから、それとのギャップでそう感じたのかもしれない。

 

見どころはいくつかあったと思うけど、まずは後半のマンティコアvsエコーズ、マンティコアvsブギーポップのバトルシーン。前者に関してはスピード感を出す演出なのだと思うが、引いたカメラでシュンシュン動いてて、なんか棒人間がダンスしているみたいで正直間が抜けていたように感じた。後者については、ブギーポップの強キャラ感が半端なかった。ワイヤー技がかっこよかった。マンティコアの顔芸がすごかった。

 

クライマックスの田中君が矢を打つシーン…の前に、一見逃亡したと見せて弓矢を取りに行ったシーン。逃げたと思わせるための演出なんだろうけど、いかにもなスタコラサッサ感だったので笑ってしまった。矢の一撃でマンティコアを仕留めたのは良かった。でも、やはり打つのが早かった。音楽がかかって、もうひと盛り上がりくるぞ!という一歩手前でもう打ってた。

 

早乙女が凪の首をかっきる場面もそうだったけど、全般的に、予想したタイミングのちょっと前にシーンが展開したことが多かった。この作品の独特のテンポ感を出すために、あえてちょっとずらした演出をしてるのかな、とも思うし、別に関係ないのかもしえないけど、自分はまだちょっとこのアニメのタイミングにアジャストできてないのだろう。だから、ちょっと早すぎるというような感想になるのかも。

 

色々あったけど、3話で一番良かったのは新刻さんかな。大ピンチの場面でも、圧倒的な敵を前にして震えながらタンカを切る胆力。風紀委員の矜持を感じさせてくれた。原作でブギーポップが言っていた通り、この世の中をちょっとでもましなものにしているのは彼女のような人なんだろう。

 

過去の感想

【アニメ感想】ブギーポップは笑わない 第1話 - 明日の君に会いに行く

【アニメ感想】ブギーポップは笑わない 第2話 - 明日の君に会いに行く

 

【マンガ感想】進撃の巨人 第113話 「暴悪」

※別マガ2019年2月号掲載分のややネタバレあり感想です。アニメ派、単行本派の方はご注意ください。

 

先月はあまりの鬱展開に感想を書く気にもなれなかったよ…。あまりにもミカサがかわいそうすぎてなあ…。そんなもん何回でも巻いてやるんじゃなかったのかよ、エレン。

 

気を取りなおして今回は、誰もが気になっていたであろう兵長の大ピンチから。木々の上から次々と降ってくる巨人たち…。しかも、その巨人は自分の部下たちとくる。ジークの罠にまんまとはまってしまった兵長、さすがにここで死ぬのか…!

 

結論。 

 

兵長、生存確認っ! 兵長は、死なない…っ! まあ、思えばミケだって、獣の介入がなければ、10体ほどの巨人をソロで狩りつくしたはずなのだ。兵長ならば20や30でも余裕だろう。心配は、相手がついさっきまで普通に会話していた部下たちだったというところだけど…。どうふっきったのかはわからない。ジークに対する怒りなのか、巨人としてさまよう運命から部下を救おうとしたのか、使命感なのか…。いずれにしても、兵長は文字どおりの死の天使となって、森に死という名の救いをぶちまけた。

 

兵長は、みんなが新兵器ポンポン使っている中でもあえての二刀ブレードでオールドスタイルを貫いているのかと思ったら、雷槍使いこなしているのでなんか面白かった。ジーク瞬殺だし。死んでないけど。ジークはきっと、シガンシナでの決戦でボロ負けして、もう兵長とはまともに戦えなくなってしまったんだな。精神的に敗北しているってやつだ。

 

それにしてもジークはなにがしたいんだ? これ毎回書いてるけど、結局わからない。エレンとは本当に一枚岩なのか? それともエレンすらも利用しようとしている? 今のところ、兵長につかまって絶賛五分刻み中だから、彼の目的はどうなるのかわからない。結局わからずじまいなのかもしれない。最後に謎回想に入っていったけど、正直いまさらジークの過去を知りたくないというのが本音だ。今の重苦しい展開から早く抜け出してほしい。まさかこのまま鬱エンドはないよなあ。

 

その他お騒がせイエーガー派の面々は、今度はキース教官にお礼参りという完全にヤンキー的ムーブをかましていた。卒業生が中学校に乗り込んできてイキっているみたいでみっともないことこの上ない。エレンの思惑がどうであれ、やはりこの集団には正義はないよ。キース教官は、コニーに頭突きかましたりサシャとコントやってた時は輝いていたのに、いまはすっかり情けないキャラが定着してしまったなあ。もう光っているのは頭だけだよ。悲しいなあ。

 

そういえば、即巨人化かと思われたあファルコが意外と平然としていた。彼が生きていれば、まだ何か救いの目がある…ような気がする。どうやってどうなるのかはわからないけど…。

 

過去の感想

【マンガ感想】進撃の巨人 第111話 「森の子ら」 - 明日の君に会いに行く

【マンガ感想】進撃の巨人 第110話 「偽り者」 - 明日の君に会いに行く

【マンガ感想】進撃の巨人 第109話 「導く者」 - 明日の君に会いに行く

【マンガ感想】進撃の巨人 第108話 「正論」 - 明日の君に会いに行く

【マンガ感想】進撃の巨人 第107話 「来客」 - 明日の君に会いに行く